KIP から 木っぷ へ (パッシブリフォームの経緯)

KIP とは…

安全祈願 鳥居観音にて2012.4.20
安全祈願 鳥居観音にて2012.4.20

 2010年に、それまで10年近く手つかずにしていた外壁を、塗り替えた時のことでした。屋根の軒下が腐り、野地板・垂木までが腐朽菌で白くなっていることに気が付きました。

 何か手を打たねばと思っていた矢先に父親が他界。しばらくはそのままの状態でしたが、親父が図面を引いた家の外面には手を加えずに、最新の技術を投入した改築工事を行いたいと考えるようになり、住宅技術評論家の南 雄三さんを尋ねました。

 南さんとは、自社ブランドである木製内窓MOKUDUOモクデュオの開発時に、アドバイスをいただいたり、弊社主催の省エネ住宅の勉強会でも講師をお願いした経緯があり、講演の中で話された、築70年のご自宅を全面改修されたことを、思い出したのです。

 その話に触発されたわけではありませんが、母親のことを思うと、親父が設計した家を重機で新地にすることは忍びない という考えが、頭の片隅にあったのです…

 南さんに会って想いを伝えると、改修工事の中で木製内窓に続く、パッシブデザインの建具を開発したらどうか?という新たな提案をいただきました。

 いろいろな想いを盛り込んで、南さんの基本設計に杉坂建築事務所の実施設計・施工で、

パッシブ《 太陽・風を操る 》リフォーム がスタートすることになりました。 

この計画を KIP(Kato Inovation Project) と名付けました。

 

  伐採見学会参加      勉強会        現地調査(蟻道発見)

木っぷ とは…

快適住空間 木っぷ にて 2012.12.20
快適住空間 木っぷ にて 2012.12.20

2011年の夏から始まったKIPの勉強会は、現地調査を皮切りに10回。半年にわたって行われ、その中でいくつもの新しい取り組みが計画され、実施されました。

そのうちのいくつかは、特許申請出願にこぎつけた技術もあります。

 

このKIPの取り組みに協賛して、参加してくださった大勢の方々が、いらっしゃいます。

 

沢山の作品が、室内に設置されています。

 

関係者の皆さんの思いが凝縮された家づくりが、出来たと思っています。 

 

KIPの改修工事は、2012年の年末をもちまして無事終了 ‼  

引渡しが行われましたが、この取り組みを私達だけのものとしておくことは、

あまりにもったいない…

 

これからリフォームを考えられる方に、参考にしていただけるように、モデルハウスとして、快適な住空間を体感していただけたら と考えました。

 

KIPの取り組みを、お伝えしたい。 

その為の 見学会・作品展・講習会 等 を計画しご案内します。  

 

このプロジェクトを 木っぷ と名付け KIPのメンバー ・ KIPの仲間たち と連携しながら、発信してまいります。

 

快適な住空間づくりのお手伝いをさせていただきます‼ 

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

快適・住空間・エコ空間・快適空間・木っぷ

       西 川 材 檜 レーザー 彫 刻

       文 字 加 藤 彩 雲(千 鶴 子)

                毎日書道会会友・書壇院 審査会員・埼玉県書道人連盟参与(審査員)

問い合わせ時間

平日10:00~15:00

 

定休日

土曜・日曜・祝日 

連絡先

加藤木材工業㈱

MOKUDUOモクデュオ事業部

TEL: 042-972-2141